トップページ >基本情報> 電力自由化の手続きの方法は?初期費用はどれくらい?

2016年4月電力(電気)自由化になると今までは自動的に地域電力と契約になってた一般家庭でも好きな電気会社が選べるようになり、より安い電気料金の会社にのりかえる事ができます。

電力会社をのりかえるのに費用はかからない

基本的に電力(電気)自由化に伴い、電気会社をのりかえる際、基本的に初期費用も工事費用もかかりません。だから純粋に電気料金の比較で安いところにすればいいのでわかりやすいですね^^

どこの会社もスマートメーターへの交換が必要なので、交換がまだの家庭は交換する必要があります。


スマートメーターの交換も基本的には立ち会いも必要なく無料です。スマートメーターになると、電気の使用状況がネット上で確認できるようになります。

※電力自由化前にスマートメーターに取りかえる場合、地域の電力会社(今契約している電力会社)に連絡してください。

切り替え手続き方法は電話やWebで簡単。今の電力会社への連絡不要♪

「切り替え手続きはどうやるの?」「いろいろ複雑で面倒で難しいそう」という疑問が浮かびますよね。

でも今の電力会社へ連絡は申込先の会社が行ってくれるので、必要ないんです^^電話やWebから簡単に申し込み手続きだけすれば、そんなに難しい手続きの仕方ではないんです。

次の電力会社への申し込みに必要なもの

現在の電力会社の電気ご使用量のお知らせ(検針票)に書かれている22ケタの[供給地点特定番号]が必要になります。

その他は氏名、住所、連絡先など個人情報の記入が必要です。

コメントする