トップページ >基本情報> 電力(電気)自由化でオール電化でもお得?オール電化はのりかえするべき?

オール電化住宅の家庭にとって電力(電気)自由化でのプラン見直しで電気料金が安くなればかなり家計の支出が減らせますよね。でも現状、オール電化の料金プランがある新電力企業は少ないようです(;´∀`)

オール電化が安いのは原発のおかげ。今はまだ様子見が賢明

オール電化というのは深夜、使用量が少なく余りがちな電気を使用料を昼間よりも割引して提供することで安い価格が実現し、家計の支出を減らすことができています。

この深夜の余りがちな電気というのは発電量を調整することが難しく、深夜もフル稼働しなければならない原発から生まれています。


原発事故から各地で再稼働が始まった今もその原発を所有しているのは各地の地域電力で、独占していることにかわりはありません。だから地域電力のプランにはオール電化用の料金プランが充実しているのです。

新規参入した電力会社に原発の電力が解放される時が来れば、各新電力でもオール電化住宅向けのプランが出てくるとは思いますが、現段階ではのりかえをしても高くなる可能性があるので、地域電力のオール電化住宅向けプランで続行し、様子見にしておいた方が良さそうです。

数少ない新電力のオール電化プラン「ナンワエナジー」のスタンダードオール電化

新電力での数少ない「お得な」オール電化プランを提供しているのは九州電力地域の「ナンワエナジー」です。

ナンワエナジーの『スタンダードオール電化』というプランなら九州電力よりも安くなります。基本料も10%、電力量料金も7%(デイタイムリビングタイム)、5%(ナイトタイム)、それぞれ安くなっています。


引用:ナンワエナジー

九州電力地域にお住いのオール電化の方は検討してみてください^^

コメントする