トップページ >基本情報> 電力(電気)自由化のメリットデメリットって?

電気(電力)自由化のメリット

【安くなる】

電気を自由に選べることによって、販売する会社同士の競争が生まれ、価格が下がったりサービスが向上することにもつながり、私たち消費者にとってメリットとなります。


【好きな会社・プランを選べる】

会社によっては電気代単体で安くなるプランがあったり、ガスや、携帯、インターネットなどと電気をセットで販売している会社もあるので、今すでに自宅で使っているサービスとセットで契約するとトータルで考えて安くなることもあります。

【支払いの手間が減る】

今までバラバラだった支払いも一括にできたり楽になりますね♪

ちなみにせっかく電気会社を変えるチャンスだから、同業他社の同じサービスのセットプランも比較してみた方が損しません(´∇`)ノ

【節電にもつながる】

普段、電力会社が地域ごとにしか機能していないことで「東日本大震災」の時に連携が取れず、電気の供給支援がうまくいかず「節電」と言われた時期がありましたよね。これをきっかけに、電力(電気)自由化が2016年に始まります。

今まで選択肢のない電力会社のプラン変更など積極的にする人は少なかったですが、これを機に生活パターンにあったプランを選んで電気代の節約や、電気代が高い時間は節電するなどのエコにもつながります♪

電気(電力)自由化の考えられるデメリット

【様々な業種が参入しているリスク】

電気事業に参入する企業が増えすぎることによって値下がりしすぎると、もしかすると経営がうまくいかず、倒産する可能性もでてきます。

異業種の会社が参入し、技術や設備投資などが不十分のまま発電を行ったりしてしまうと電力供給が不安定になってしまう可能性はあるということです。


電気自由化に伴い「バックアップ契約」という、私たちが契約した会社で万が一電力不足になったり、供給できない状況になった時に代わりに電力を一時的に供給してくれるという保証制度があるので安心ですが、十分な設備を持たない会社が増えると万が一の時に電気を供給してくれる会社が不足する事態も考えられます。

【値上がりの可能性もある】
1.燃料値上がりの影響による

自由化されるからといって値下がりなどメリットだけではなく、値段が上がる可能性もゼロではありません。例えば火力発電では電気を作るにも燃料が必要です。その燃料代が上がれば当然コストアップになり、電気料金も上げざるを得なくなってしまいます。

2.料金規制がなくなると安くなる可能性も高くなる可能性もある【2020年以降】

現在(電力自由化前)は電気会社を選ぶ自由がない代わりに、一般家庭などの「低圧」の建物(50kW未満)には地域電力に国で一定の規制(コストに一定の利益を乗せた金額。上限あり)があります。このおかげで私たちの電気料金は高くなりすぎることがないんです。

ただ、この規制は2020年に撤廃【料金規制撤廃】されてしまいます。こうなると、上限がなくなるので高くなる可能性もあるということです(:_;)

(詳しくはこのページにまとめています。)

このデメリットを私たち消費者が阻止するのは難しいので、この可能性があるということだけ頭の片隅に多いて、できる限りこの先長く安定して電気供給してくれそうな会社、安くなる、電気料金以外にもメリットがある会社を選ぶことがこれから電力(電気)自由化にむけて私たちが損をしないためにできることですね(*´∇`*)

コメントする