トップページ >基本情報> 電気(電力)自由化って本当に安いの?電気の賢い選び方

セット料金ではなく電気代単体での料金は使えば使うほど安くなる、使用量が多いほど割引率が上がる会社が多い印象です。使用量によっては高くなる可能性も否めないので、慎重に選ぶ必要があります。



今までより安い会社と契約すれば間違いないですが、セットプランがあったり形態が違うと比較も少しわかりにくいかもしれません。でも住んでいる地域や自分のライフスタイルや家族構成に合った業種を先に絞り込めば電気会社選びで電気料金を安くするのもそんなに複雑ではありません(´∇`)


電気(電力)自由化の仕組み

電気(電力)自由化の仕組みは送電線自体増えるわけではなく、新規参入した会社は今まで使っていた送電線を各地の主要電力会社(北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、 関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力)から借りるという形になっていて、借りるには使用料がかかります。


必然的に経費がかかるので、新規参入してきた会社の利益はごくわずかです。このため、相当な数の契約を見込める大手企業が価格競争をしながらより多くのお客様と契約できるように頑張ってくれています。


電気(電力)自由化になると本当に電気代が安くなるの?


電気単体では月額◯◯円割引き、◯%割引きという形で地域電力よりも安くしてくれている会社はたくさんあります。

ただ、今現在(電力自由化前)、発表されていないことも多く選択肢が少なかったりする地域では、各地域の電力会社でも従量電灯BC(標準プラン)という最初に自動的に加入しているプランであれば、時間帯別のプランへの見直し(別会社でも)で電気料金だけでも安くなる可能性はあります。

電力自由化に新規参入している会社は携帯電話やガス、インターネットなどの自社の強みであるサービスとセットで消費者の私たちにメリットを生み出し、利益を上げられるようにして売り出されている電気もあります。

なので今すでにあなたの家で契約しているスマホやインターネットの会社で電気の販売が始まればそこで契約してトータルで考えると安くなる可能性があります^^

ダントツ節約できて料金が安くなる方法って?【格安SIMと電気】

コメントする